検索ページへ 検索ページへ
メニュー
メニュー
TOP > 宗教
傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ⑨看護教育の落とし穴

※文化時報2021年12月9日号の掲載記事です。  ここのところ、長時間乗…

2022年10月21日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ⑧心がよどんでいないか

※文化時報2021年11月25日号の掲載記事です。  先日、20年にわたり…

2022年10月14日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ⑦私も声が聞きたい

 ※文化時報2021年11月11日号の掲載記事です。  昨夜の出来事ですの…

2022年10月7日

お寺のポテンシャル
お寺のポテンシャル ②老人ホームで葬儀7割

 ※文化時報2022年5月10日号の掲載記事です。  東京海上日動ベターラ…

2022年10月5日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ⑥追い出された僧侶

 ショッキングなことがありました。  慢性期病院の関係者が集まっているある…

2022年9月30日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ⑤小さな箱が開くとき

 私たちは誰もが"スピリチュアルの小さな箱"を胸の奥底に持っています。普通に生活…

2022年9月23日

村瀬正光(むらせ・まさみつ) 1971(昭和46)年8月生まれ。医学博士。日蓮宗大光寺(名古屋市東区)住職。元長岡西病院緩和ケア部長。身延山大学特任准教授。みずほ在宅支援クリニック勤務医。泰玄会病院勤務医。
『文化時報』掲載記事 緩和ケア行う僧侶兼医師「看取りは僧侶の役割」

※文化時報2022年4月22日号の掲載記事です。  日蓮宗大光寺(名古屋市…

2022年9月21日

語らいカフェを主催する「お寺と教会の親なきあと相談室」のロゴ
『文化時報』掲載記事 ほっとひと息、家族と支援者 第2回語らいカフェ

※文化時報2022年9月16日号の掲載記事です。  障害のある子やひきこも…

2022年9月16日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ④市民権を得ない言葉

※文化時報2021年9月30日号の掲載記事です。  「スピリチュアルケア」という言葉。実はまだ、市民権を得ていないようです。

2022年9月15日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ③ケアの道を探究する

※文化時報2021年9月16日号の掲載記事です。  「スピリチュアルケア」は「する」ものではなく、後付けで「成る」ものだと思っています。

2022年9月9日

お寺のポテンシャル
お寺のポテンシャル ①境内に自立支援デイ 曹洞宗寺院と提携

※文化時報2022年4月5日号の掲載記事です。  自立支援型デイサービス(以下…

2022年9月7日

真宗大谷派宗務所
『文化時報』掲載記事 僧侶向けにグリーフケア教材 真宗大谷派が発刊

※文化時報2022年9月2日号の掲載記事です。  真宗大谷派教育部は、僧侶…

2022年9月6日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ②やり遂げた経営者

※文化時報2021年9月2日号の掲載記事です。  先日、一つの孤高な魂が旅立ちました。

2022年9月2日

西照寺には地域に住むさまざまな人が出入りする
『文化時報』掲載記事 子どもも高齢者も支え合い 西照寺介護者カフェ

※文化時報2022年6月17日号の掲載記事です。  大阪市天王寺区の浄土宗…

2022年9月1日

アミターバのカウンターで談笑する利用者たち
『文化時報』掲載記事 臨床宗教師がいのちのケア ホスピス・アミターバ

※文化時報2022年6月10日号の掲載記事です。写真は沼口医院提供。  傾…

2022年9月1日

error: コンテンツは保護されています