検索ページへ 検索ページへ
メニュー
メニュー
TOP > 『文化時報』コラム > 傾聴―いのちの叫び―

読む

「文化時報」コラム

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム 〈56〉北極星を見ているか

※文化時報2024年1月19日号の掲載記事です。  先日、仕事でお伺いしたある街で、こんな話をお聞きしました。  新幹線が止まる駅前は、にぎやかに栄えています。その光景を眺めながら、地元の方が話してくださいました。「この駅をここにもってくるのは、本当に大変だったんですよ」 …

2024年2月19日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム 〈55〉痛みを取った先に

※文化時報2023年12月1日号の掲載記事です。  緩和ケア、とは。死を間近に控えた人に、状況をお伝えし、つらい事実を受け入れられるようにサポートし、その上で、やっておきたいことを余すことなくやらせてあげて、死を穏やかに迎えさせてあげること―。と、このように書いてある教科書もあります。 …

2024年1月24日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム 〈54〉チームKの学び

※文化時報2023年11月17日号の掲載記事です。  夏から活動してきた「チームK」が、解散しました。独居で暮らすKさんのスピリチュアルケアを目的とした、訪問スピリチュアルケアチームです。 …

2024年1月6日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム 〈53〉なぜ「備え」で悩むか

※文化時報2023年11月3日号の掲載記事です。  備えることは大事だと、私もそう思います。

2023年12月20日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム 〈52〉勝手な想像

※文化時報2023年10月20日号の掲載記事です。  小学生の頃、国語の時間は不思議でたまりませんでした。「主人公のカメさんは、どんな気持ちでしょう」「この女の子は、なんでこんなことを言ったのでしょう」。そんな問題を出されるたびに「なんでこの物語を書いた人に聞かないんだろう?」って思ったからです。 …

2023年12月10日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム 〈51〉立入禁止

※文化時報2023年10月6日号の掲載記事です。  先日、異国情緒漂う街を訪ねました。食べ歩きを楽しむ人、色鮮やかな雑貨を物色する人、威勢のよい呼び込みの声、異国の音楽。まるでお祭りのようなにぎやかさです。その一角に、しんと人波の途絶えるところがあり、はてと見ると「檀信徒以外立入禁止」「記念撮影お断り」の大きな文…

2023年11月30日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊿「自分」を大切に

※文化時報2023年9月15日号の掲載記事です。  自分を大切にしなさい。思い返せば小学生の頃からずっと言われ続けてきたような気がします。夢を持って、目標を持って、前に進めと。  でも、最近、はたと考えるのです。「自分」って何?…

2023年11月19日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊾生活を支えるとは

※文化時報2023年9月1日号の掲載記事です。  今、訪問診療、訪問看護、訪問介護と並んでスピリチュアルケアチームが参入し、協働で在宅での終末期をサポートするという初めての挑戦をしているところです。チームメンバーは9人。全員、大慈学苑の「スピリチュアルケア実践講座」「スピリチュアルケアトレーニング」を受講・修了し…

2023年11月7日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊽困難は「休め」

※文化時報2023年8月11日号の掲載記事です。  年を重ねてまいりますと、心配事は自分のことだけ、というわけにはいかないものです。親のことや、子、孫のことまで、問題が周りに山積み…なんてことも、時にはあるでしょう。 …

2023年10月27日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊼楽しくて、切ない

※文化時報2023年7月28日号の掲載記事です。  夏といえば、七夕、お盆、夏祭り。そしてやっぱり、花火大会。  ここ数年は、諸般の事情で中止になっていた花火大会ですが、今年は各地で復活、開催されるようです。私の地元でも、4年ぶりの開催が決定しました。 …

2023年10月15日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊻四面楚歌の終末期難民

※文化時報2023年7月14日号の掲載記事です。  日頃から何かと教えを乞うている医師が先日、「がん難民なんて言葉があったけど、最近は終末期難民だよ」などとおっしゃっておられましたが、まさに今、それを目の当たりにしています。 …

2023年9月30日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊺私のスピリチュアリティ

※文化時報2023年6月30日号の掲載記事です。  先日、ある方と話していたときに「玉置さんの“スピリチュアリティ”って何ですか」と、問うていただきました。 …

2023年9月17日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊹ブロッコリーの山

※文化時報2023年6月16日号の掲載記事です。  いつものように近所のスーパーに買い物に行ってまいりました。  それにしても、じわじわとモノの値段が上がっていますね! 卵1パックがこんなお値段になるとは、思ってもいませんでした。「いったいこれからどうなっていくことか…」と思いつつ店内をウロウロしていると、…

2023年9月4日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊸困らせる贈り物

※文化時報2023年6月2日号の掲載記事です。  母から電話がありました。「お米が25キロくるんだけど、食べてくれる?」。何のことやら分からず調べたところ、急激な物価高の影響で経済的に苦しむ人を支援するために、東京都が低所得世帯に対して、国産の米や野菜などの食料品と引き換えられるクーポン券を支給する方針を昨年末に…

2023年8月24日

傾聴ーいのちの叫び
『文化時報』コラム ㊷写真集に見える世界

※文化時報2023年5月19日号の掲載記事です。  50代後半のA氏は、ほんの数カ月前まで、世界中を飛び回るビジネスマンでした。1週間のうちの半分を機上の人として過ごすようなこともざらで、腰痛はそのせいだと思っていたそうです。定期的にかかっていた整形外科の医師から紹介状を渡され、他科を受診してから歩けなくなるまで…

2023年8月13日

error: コンテンツは保護されています