検索ページへ 検索ページへ
メニュー
メニュー
TOP > 人間関係
(画像・アイキャッチ兼用:「親には親の人生がある。子どもは子どもの人生を生きる」と題して講演する渡邊さん)
『文化時報』掲載記事 「親あるカフェ」新展開 不登校テーマに講演

※文化時報2024年1月12日号の掲載記事です。  一般財団法人お寺と教会…

2024年2月13日

人間関係のトラブル(イメージ)
ぐちぐち言わせて 人間関係のトラブルを大歓迎する施設 なぜ?

 「私、あの人嫌い。食事のときは離れたテーブルにしてほしい」  高齢者施設…

2024年1月20日

ミシンに向き合う佐々木奏さん
橋渡しインタビュー 字が書けない少女を、ミシンが導く 佐々木奏さん

 金沢市の中学2年、佐々木奏さん(14)は6歳の頃からミシンを使い、バッグやエプ…

2023年9月2日

生きることば
生きることば 打ち明け過ぐるも悪しく

打ち明け過ぐるも悪(あ)しく、物隠すように見ゆるも悪しきなり。 ――作家、森鴎外(1862~1922)

2023年8月23日

老人ホームでの葬儀(イメージ)
お寺と福祉の情報局 老人ホームでの葬儀はレクリエーション?

 最近は、有料老人ホームなどの高齢者住宅で入居者が亡くなると、「お別れ会」などと…

2023年8月2日

生きることば(アンディ・ウォーホル)サムネイル
生きることば 物事を見過ぎることで…

物事を見過ぎることで、それが持つ意味が全く見えなくなることを僕は怖れる。 ――画家、版画家、芸術家、アンディ・ウォーホル(1928~1987)

2023年7月2日

畳敷きの部屋(イメージ)
ぐちぐち言わせて 畳に水まき! 外国人スタッフは何を勘違いしたのか

 コロナ禍が収束し、今後は、技能実習生や特定技能など介護現場で働く外国人が増加す…

2023年6月2日

仏教の視点からコンパッションについて語った高橋副住職
『文化時報』掲載記事 「コンパッション都市」慈悲の地域づくり学ぶ

※文化時報2023年4月4日号の掲載記事です。  慈悲や思いやりと訳される…

2023年5月25日

遠方から通勤する職員(イメージ画像)
お寺と福祉の情報局 あえて家から遠い職場を希望する求職者の心理

 「なぜ、うちで働こうと思ったのですか」「家から近くて通うのに便利だからです」

2023年3月25日

講演後に参加者からの質問に答える横尾氏、森田氏、佐々木氏(左から)
『文化時報』掲載記事 SOSが伝わらない 孤独死テーマにシンポ

※文化時報2023年2月10日号の掲載記事です。  生老病死の現場に立つ有…

2023年3月19日

話し方の工夫で人間関係を円滑に(イメージ画像)
お寺と福祉の情報局 「語尾が『て』の言葉」はNG

 「だから」「だって」「でも」「どうせ」など「ダ行」で始まる言葉は、反論や言い訳などに使われることが多く、人間関係を損ねやすいといわれています(「どうもありがとう」は別でしょうが)。

2023年2月6日

入居者との浮気に嫉妬(イメージ画像)
ほっこり万華鏡 夫婦の入居者に起きる「嫉妬」と「浮気」

 有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅には夫婦そろって入居している人もいま…

2022年12月24日

「自分は偉い」と勘違いする医療職もいる(イメージ画像)
お寺と福祉の情報局 「医療職が偉い」と思う人たちの困った言動

 「医療」「介護」。この二つの言葉は、併記されることが多いですし、最近はこの業界…

2022年12月1日

9月23日に行われた定例会の様子
お寺と福祉の情報局 「話す言葉」も変革を マイケアプラン研究会

 「『スイホ』『ガンマツ』『アザァーッス』。皆さん何の言葉か分かりますか?」。介…

2022年11月3日

お礼の菓子折り(イメージ画像)
ほっこり万華鏡 仁義なき介護

 親は親でも〝親分〟の介護を経験した人がいます。任侠映画では決して描かれないけれども、まるで映画のような数々のシーンがあったそうです。関西で訪問介護をしていた男性の話。

2022年9月11日

error: コンテンツは保護されています