検索ページへ 検索ページへ
メニュー
メニュー
TOP > 福祉仏教ピックアップ

つながる

福祉仏教ピックアップ

(画像・アイキャッチ兼用:自由に語り合う参加者たち=3日、京都市南区の城興寺)
『文化時報』掲載記事 「語らいカフェ」続ける意味を実感 京都・城興寺

※文化時報2023年9月12日号の掲載記事です。  障害のある子やひきこもりの子の面倒を親が見られなくなったときに備える「親なきあと」をテーマにした「親あるあいだの語らいカフェin城興寺」が3日、京都市南区の真言宗泉涌寺派城興寺(上原慎勢住職)で開かれた。障害のある当事者や家族ら15人と、僧侶を含む支援者14人が…

2023年10月26日

(画像①アイキャッチ兼用:建立された合同墓。「共に」の文字が目を引く(札幌市手をつなぐ育成会提供))
『文化時報』掲載記事 親子で入れる合同墓 育成会、札幌市に建立

※文化時報2023年9月8日号の掲載記事です。  知的障害のある子らの面倒を見られなくなる「親なきあと」の不安を解消しようと、保護者らでつくる「札幌市手をつなぐ育成会」(長江睦子会長)は、親子で入れる合同墓を同市内の霊園に建立した。子どもの納骨が心配という会員の声に応え、8年がかりで実現にこぎつけた。全国手をつな…

2023年10月24日

(画像①アイキャッチ:藤井氏を講師に招いて行われた住職・副住職研修会=7月19日、京都市東山区の臨済宗東福寺派宗務本院)
『文化時報』掲載記事 傾聴僧の育成目指す 研修会に文化時報から講師

※文化時報2023年9月5日号の掲載記事です。  傾聴活動に携わる僧侶の育成を目指そうと、臨済宗東福寺派は今年度の住職・副住職研修会で、一般財団法人お寺と教会の親なきあと相談室理事兼アドバイザーの藤井奈緒氏を講師に招いた。文化時報社の実施事業「文化時報紙上セミナー」を活用した取り組み。原田融道管長や稲葉隆道内局、…

2023年10月21日

(画像③アイキャッチ兼用:法要後、茶話会を楽しむ=通所介護施設「結」)
『文化時報』掲載記事 記憶に刻まれる交流 僧侶、高齢者施設で法要

※文化時報2023年9月1日号の掲載記事です。  NPO法人「わ」が営む通所介護施設「結(ゆい)」(千葉県九十九里町)で8月23日、盂蘭盆会(うらぼんえ)の法要と茶話会が行われた。浄土真宗本願寺派清心寺(茨城県ひたちなか市)副住職の増田廣樹さん(44)と敬西寺(群馬県高崎市)僧侶の松岡晃徳さん(46)が訪問した。…

2023年10月19日

『文化時報』掲載記事 親なきあと、行政との協働「大分モデル」で

※文化時報2023年8月25日号の掲載記事です。  障害者やひきこもりの人が親の世話を受けられなくなった後にどう生きていくかという「親なきあと」の問題に対処しようと、全国の相談室約110カ所でつくる「親なきあと」相談室ネットワーク(渡部伸代表)は2日、会員研修をオンラインで開いた。「『大分モデル』を全国に」をテー…

2023年10月17日

(画像④加久保範祐住職)
お寺のポテンシャル ⑰永代供養墓で法要8割 真言宗智山派正福院

※文化時報2023年5月2日号の掲載記事です。  真言宗智山派正福院(東京都台東区)が墓地内に建立した永代供養墓が好調だ。2018(平成30)年の販売開始から22(令和4)年末までに80契約分が売れ、法要・塔婆の依頼が過去最高を記録したという。16年に就任した加久保範祐住職の新たな取り組みといい、寺院収入は住職交…

2023年10月14日

(画像01アイキャッチ兼用新山さん キャプション:宗教に理解は示すが、宗教の本は置かない)
『文化時報』掲載記事 社協辞め会社設立→商店街にまちづくり図書館

※文化時報2023年8月25日号の掲載記事です。  京都市社会福祉協議会の元職員、新山隆司さん(43)が、地域活動の支援や居場所づくりを目的とした株式会社くらしの伴走者を設立した。北野商店街(京都市上京区)の一角に事務所を構え、本棚を貸し出すユニークな図書館を開業。在職中から活動を共にしてきたお寺や教会にも期待し…

2023年10月11日

(画像①アイキャッチ兼用:天野雅亮さん)
『文化時報』掲載記事 人は不完全な存在 みんなの寺・天野雅亮住職

※文化時報2023年9月1日号の掲載記事です。  いつでも誰でも気軽に足を運べて、自由に仏教に触れられる。そんな理想を掲げて21年前に建立されたお寺が、仙台市泉区にある。単立寺院「みんなの寺」。住職の天野雅亮さん(55)は「人は誰にでも個性があり、凸凹がある」と話す。そんな自身の考え方に影響したのが、生まれつき肌…

2023年10月8日

(画像・アイキャッチ兼用:贈呈式で京都南ライオンズクラブの会員から弁当を受け取る子どもたち=8月22日、本山本願寺の聞法会館)
『文化時報』掲載記事 笑顔食堂えんまんへ 本願寺派主催から継承

※文化時報2023年9月1日号の掲載記事です。  浄土真宗本願寺派が2018(平成30)年から開催してきた「西本願寺みんなの笑顔食堂」を一般社団法人えんまん(八幡真衣代表理事)が引き継ぐことになり、8月22日、本山本願寺の聞法会館(京都市下京区)で「テンプル食堂きょうと・西本願寺みんなの笑顔食堂」として開催された…

2023年10月6日

画像:アイキャッチ兼用:点字付き絵本を紹介する社会福祉学部の学生ら
『文化時報』掲載記事 「旅する絵本展」親子でくつろぐ 佛教大学

※文化時報2023年8月8日号の掲載記事です。  浄土宗の宗門関係校である佛教大学(京都市北区)社会福祉学部は7月22~27日、「旅する絵本展」を開いた。視覚障害のある子どもたちのために点字付きの絵本を用意し、自由に楽しめるコーナーも設置。学生らが積極的に来場者と関わることで、普段子どもの面倒を見ている保護者もゆ…

2023年10月4日

「分かち合い」が行われる教会地下ホール
『文化時報』掲載記事 教会で「マ・カタリーナ」うつ当事者ら分かち合い

※文化時報2023年7月28日の掲載記事です。  うつ状態の当事者らが京都市内のキリスト教会で、自らの思いや体験を分かち合い、ほっと安らぐ「心の居場所」づくりに取り組んでいる。立ち上げたのは、同じ精神疾患を抱えた2人の聖職者。「宗教者の社会奉仕」を実現するため、当事者と共に歩んでいる。(奥山正弘)…

2023年10月1日

自身の体験について語る古村氏
『文化時報』掲載記事 ハートで向き合う 米国で病院勤務の僧侶語る

※文化時報2023年7月25日号の掲載記事です。  臨床宗教師=用語解説=らでつくる日本臨床宗教師会(鎌田東二会長)は7日、「第4回インターフェイスを考える集い」をオンラインで開催した。米国・ペンシルベニア大学病院でチャプレン=用語解説=として活動する天台宗僧侶の古村(こむら)文伸氏が、「インターフェイス・スピリ…

2023年9月28日

「まちの保健室」で看護師と談笑する参加者=8月23日、大阪市天王寺区の長願寺
『文化時報』掲載記事 地蔵盆にまちの保健室 地域のハブをお寺が目指す

※文化時報2023年9月1日号の掲載記事です。  大阪市天王寺区の浄土真宗本願寺派長願寺(新發田恵司(しばたけいじ)住職)は8月23日、恒例の地蔵盆に合わせて、まちの保健室=用語解説=を初めて行った。大阪府看護協会や天王寺区社会福祉協議会の支援を受け、今後も定期開催する。新發田住職は「福祉活動によって、お寺を地域…

2023年9月26日

三浦氏の話を聴くカトリック信者ら
『文化時報』掲載記事 僧侶に学ぶ「8050」カトリック教会で講演会

※文化時報2023年7月21日号の掲載記事です。  障害のある子やひきこもりの子の親が、わが子の面倒を見られなくなったときに直面する「親なきあと」の問題について関心を持とうと、カトリック登美が丘教会(奈良市)で9日、信者有志が企画して講演会が行われた。一般財団法人お寺と教会の親なきあと相談室(小野木康雄代表理事)…

2023年9月23日

ちよたんパークのゲート
『文化時報』掲載記事 校内に冒険遊び場 大阪千代田短大

※文化時報2023年8月25日号の掲載記事です。  高野山大学(添田隆昭学長)が文学部教育学科を置く大阪千代田短期大学(大阪府河内長野市)は9月3日、キャンパス内に常設の冒険遊び場「ちよたんパーク」を開設する。子どもが遊びをつくり、やりたいことに挑戦できる冒険遊び場が大学にできるのは全国で初めてといい、地元の園児…

2023年9月20日

error: コンテンツは保護されています